[必ずお読み下さい] 個人輸入代行商品について

個人輸入とは、個人的な使用目的のために、海外のメーカーや販売業者から直接商品を購入する事を言います。個人輸入では、国内では認可されていない医薬品も、完全な自己責任において入手する事ができます。

個人輸入代行とは、代行業者が、消費者の代わりに上記手続きを行うことを言います。個人輸入代行業者は、必要な手続きを代わりに行うだけであり、商品輸入に関する全ての責任は消費者本人にある事に注意して下さい。

また、海外で販売されている商品には、国内では認可されていない医薬品、認可された成分量を超えた医薬品も存在します。

そういった商品を購入できるのが、個人輸入のメリットではあるのですが、重大な副作用を引き起こすかも知れないといったデメリットも存在します。そういった、商品を利用した事によって発生したトラブルについても、全て消費者の自己責任である事に注意してください。

当サイトでは、個人輸入代行商品を使用する前に、専門の医師や薬剤師に相談する事を強く推奨します。

このページの先頭へ